ホーム>人間ドックとは>健診と人間ドックの違い

健診と人間ドックの違い

人間ドックは何がいいの?

一般的な健診は検査結果が後日送付されるだけの場合が多いのに対して、認定施設での人間ドックは医師から当日の結果説明があります。

さらに、健診結果やライフスタイルに合わせた専門スタッフによる保健指導(生活改善や治療のアドバイス)を受けることができます。健康への意識が向いている当日のうちに働きかけることが、生活習慣改善への第一歩につながります。

結果説明
保健指導

また、精密検査が必要になったけれどまだ受診していないときには受診勧奨をしてくれるなど受診後のフォローもあるため、「受けて終わり」ではない継続した健康管理が行えます。

検査項目の数にも大きな違いがあります。
一般の健診ではよくある病気のおおまかなチェックがメインですが、人間ドックではより多くの臓器を対象に詳しい検査を行うため病気の早期発見早期治療に効果があります。

CHECK
  機能評価認定施設での人間ドック 一般的な健診
結果説明 医師による当日の結果説明がある 結果表の送付だけの場合が多い
保健指導 結果に基づく保健指導体制がある 保健指導がない場合が多い
受診後の
フォロー
精密検査の受診勧奨などの
フォローがある
受診後のフォローがない場合が多い
検査項目 学会が定める検査を実施
(より多くの臓器を対象に詳しく検査)
よくある病気をおおまかにチェック